カードローンとは?知っておきたい特徴や申込み方法、利用時の注意点を解説

カードローンをイメージした画像

テレビやネット広告などでカードローンという言葉を聞く機会は多いのではないでしょうか。

すでに利用の経験がある方にとっては馴染みのローンのひとつですが、まだ利用したことがない方にとっては、いったいどのようなものなのか分かりにくいかもしれません。

ここでは、カードローンは何に使えるものか、またその種類や利用方法などを解説します。注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

カードローンとは

カードローンとは、金融機関やクレジットカード会社が提供している個人向けの融資サービスのひとつで、借入れ専用のカードを使ってお金を借りるローンです。

近年では、振込融資などによりカードレスで借りられるカードローンも増えてきました。

カードローンと同じく、カードを使って借りられる手段としては、クレジットカードのキャッシング機能があります。借入れに特化したカードがカードローン、ショッピングもできるのがクレジットカードのキャッシング機能と区分けできるでしょう。

元々キャッシングとは、お金を借りることを表します。クレジットカードのお金を借りる機能もキャッシングですが、カードローンもキャッシングの1つの手段です。調べる際はどれを意味しているのか、注意しましょう。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリットとデメリットを理解しておくと、カードローンがどのようなシチュエーションで利用できるサービスなのか見えてきます。

メリット

  • 保証人なしで申込める
  • 返済や借入れの方法が豊富
  • 利用目的は原則自由
  • 利用限度額の範囲内なら借入れと返済を繰り返せる

カードローンは、原則として保証人も担保も不要で利用可能なローンです。周囲に知られないように借入れをしたい方にもおすすめです。

また、返済の方法が豊富なところもカードローンのメリットです。毎月の決まった返済に加え、余裕があるときにATMや振込みなどで返済もできます。多めに返済すれば、その分、借入残高が減るので、早期に完済できるでしょう。

カードローンは借入れの方法も豊富です。カードを使ってATMから借入れるだけでなく、口座振込みなどを活用して借りることもできます。専用アプリと連携して月々の返済金額を確認できるカードローンなどもあります。

事業性資金など、一部の目的を除いて、カードローンは原則資金使途が自由です。

例えば住宅ローンなら住宅購入資金、自動車ローンなら自動車購入資金のように、多くのローンは借りたお金を何に使うかについて最初から定められています。

しかし、カードローンは生活費や旅行資金、友人の結婚祝い金など、特定の使途に縛られずに利用可能です。

利用限度額の範囲内なら何度でも借入れと返済を繰り返せることも、カードローンのメリットです。

カードローン以外のローンは、基本的には最初にまとまった資金を借り、その後、返済期間が続きます。そのため、追加でお金が必要になったときは、新たにローンに申込み、審査を受けなくてはいけません。

しかし、カードローンは最初に利用限度額を決め、その範囲内で必要な金額を借りるローンです。例えば利用限度額が50万円であれば、合計50万円を超えない範囲で借入れ可能です。

デメリット

メリットの多いカードローンですが、デメリットもあります。特に注意したいデメリットとしては、他のローンと比べると金利が高い傾向にあるという点が挙げられるでしょう。ただし、金利はあくまでも利用者の収入や借入金額によって異なります。

借入れの期間が長期化すると返済総額が高くなる可能性もあるため、借りる前に返済シミュレーションを行い、計画的に借入れることが大切です。

カードローンの種類

カードローンは、消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つに大別することができます。それぞれの違いは以下のとおりです。

金融機関 消費者金融系 銀行系
融資スピード 最短即日融資が可能 最短でも翌営業日以降の融資
無利息期間 設定されていることが多い 設定されていることは少ない
金利 高め 低め

消費者金融カードローンは最短即日融資が可能ですが、銀行カードローンは最短でも翌営業日以降の融資となります。

そのため急いで借りたいときには、消費者金融カードローンのほうが向いているでしょう。

ただし、消費者金融によっても融資スピードは異なるので、最短どの程度で融資が可能か調べてから申込みましょう。

消費者金融によっては、利息が発生しない無利息期間が設定されているカードローンも提供しています。一般的には、「初回契約時から〇日間」など期限が設定されているため、繰り返し無制限で無利息になるわけではありません。

キャンペーンなども上手に活用し、負担を軽減しましょう。

カードローンに申込むときは、まずは一度、カードローンに対して何を求めるのか考えを整理してみましょう。そのうえで、消費者金融カードローンか銀行カードローンか、ご自身に合うサービスを選んでください。

カードローンの利用方法

カードローンは、以下の流れでご利用できます。

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入れ
  5. 返済

まずは申込みです。カードローン会社にもよりますが、Webや電話で申込むことが一般的です。申込み手続きが完了すると審査に進みます。

審査の共通のルールは定められていません。しかし申込み条件を満たしていることは求められるので、年齢や収入などの項目を確認しておきましょう。

審査に通過すると契約です。契約が完了すると借りられるようになります。通常は専用のカードを受け取ってからの利用となりますが、カードローンによってはカード受け取り前に振込みによる借入れが可能なこともあります。

借りた後は返済が始まります。事前に無理のない返済計画を立ててから借りるようにしましょう。

申込みに必要な書類

カードローンへの申込みには、運転免許証などの本人確認の書類が必要となります。一般的には、以下の書類を本人確認に用いることができます。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート

また借入金額などによっては、源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になる場合があります。

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 給与の支払い明細書

カードローン利用時の注意点

信販会社やクレジットカード会社、消費者金融などの貸金業者は「貸金業法」、銀行の場合は「銀行法」が適用されます。

貸金業法は、借り過ぎ、貸し過ぎの防止を目的とし、消費者金融などの貸金業者からの借入れについて定めている法律です。

「総量規制」の対象になる

消費者金融などからの借入れは、「総量規制」の対象になります。「総量規制」とは借り過ぎ、貸し過ぎ防止のために定められたルールで、貸金業者からの借入れは年収の3分の1までと決められています。

例えば年収300万円の方であれば、貸金業者のカードローンなどによって借りられる金額は100万円までとなります。申込む際には「総量規制」を意識して借入れ希望額を決めましょう。

返済総額を確認しておく

借入れの際は、基本的に金利が発生します。

すでに他の会社から借入れしている金額や利用限度額によって、年率15.0%~20.0%の上限金利が定められています。

金利は契約者ごとに異なるので、借入れの前に各金融機関で提供している返済シミュレーションなどを活用して返済計画を立てておくようにしましょう。

審査がある

通常、借入れ時には審査があります。審査基準は非公開ですが、信用情報、他社からの借入れ状況、返済能力などが確認されることが一般的です。

カードローンでは、融資の可否とともに利用限度額に関しても審査されます。申込んだ金額を借りられないこともあるので注意が必要です。

計画的な返済が必要

利用金額などにかかわらず、利用限度額内であれば毎月の支払い金額が一定になる返済方法であるリボルビング払いを利用する場合、返済期間が長くなる可能性もあります。返済期間が長期化すると、利息が高くなる恐れがあるため注意しましょう。

しかし、リボルビング払いは、月々の返済額が比較的少額になる返済方法です。返済時の負担を抑えたい方にはメリットでもあるでしょう。ただし、毎月返済した以上の金額を借入れしないよう、十分注意が必要です。

カードローンならdスマホローンがおすすめ

スマホでカードローン利用をする人のイメージ画像

「今すぐお金を借りたい」「利用限度額の範囲内でお金を自由に借りたい」とお考えの方におすすめなのが、dスマホローンです(※1)。dスマホローンはお申込みからご返済までスマホで完結できるため、ATMなどに足を運ぶ必要がありません。

また、ドコモの回線やその他ドコモのサービスのご利用状況に応じて最大年率3.0%の金利優遇があり、ドコモユーザーの方に特におすすめです(※2)。

d払いとも連携でき、1,000円からd払い残高に直接チャージすることもできます(※3)。

利便性の高いローンをお探しの方は、ぜひご検討ください。

商品名 dスマホローン
ご契約額(ご利用限度額) 1万円以上300万円以内(1万円単位)
お借入利率 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)
基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)
※基準金利は審査結果に応じて異なります。
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)
ご返済期間・ご返済回数 最終借入後原則最長8年1ヶ月(96回)
ご返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式

※1 dスマホローンの商品概要はこちら
※1ご契約には所定の審査がございます。ご希望に添えない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※2 優遇金利の適用条件について詳しくはこちらをご確認ください。
※3 d払い残高をご利用いただく場合は、d払いアプリのダウンロード、d払い残高の利用登録および本人確認が必要です。(「d払い残高種別が「現金バリュー」の場合のみご利用いただけます。)

簡易シミュレーション

お借入可能?優遇金利は何%?簡単1秒診断

毎月のご返済額はいくらぐらい?ご返済シミュレーション

まとめ

カードローンは、金融機関やカード会社が提供している融資サービスを指します。

また、カードローンはキャッシングの一種で、消費者金融カードローンか銀行カードローンかによって特徴が少々異なります。

用途に合わせて適切なカードローンを選び、計画的にご利用ください。

dスマホローン新規お申込み

お申込みからご契約までWEBで完結!

※ お申込みにはdアカウントの発行およびログインが必要です

監修者の竹下 昌成
竹下 昌成

竹下FP事務所代表、㈱メディエス代表取締役、TAC専任講師。兵庫県西宮市在住。立教大学卒後、池田泉州銀行、日本GE、タマホームなどを経て現職。タマホームFPとして600件超のFP相談実績あり。サラリーマン投資家としてスタートした不動産賃貸業歴20年。大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務などをおこなう。

保有資格: 日本FP協会会員(CFP)、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、住宅ローンアドバイザー、スカラシップアドバイザー