キャッシングとカードローンは同じもの?それぞれの違いやメリットなどを解説

キャッシングローンの利用を考える女性

お金を借りるためにカードローンを探しているとき、商品紹介ページなどで「キャッシング」という言葉を目にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

この記事では、キャッシングの意味やカードローンをご利用いただくメリット・デメリットなどを紹介します。

目次

キャッシングとカードローンは同じなのか

キャッシングはカードローンとは違う別のサービスだと思われやすいですが、1つの独立したサービスを示す言葉ではありません。キャッシングとは、「お金を借りること」、または「お金を借りる手段やサービス」の総称を表す言葉です。

言葉の使い方として、「カードローンを利用してキャッシングをする」などのように、お金を借りる行為を表現する際に使われることもあります。

なお、キャッシングをするには主に次の2つの方法があります。

  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング機能

どちらもお金を借りられるサービスですが、それぞれメリットやデメリットが異なります。自分に合った方法でキャッシングするためにも、各サービスの特徴を把握しておきましょう。以下では、各サービスのメリット・デメリットを紹介します。

カードローンを利用するメリット・デメリット

カードローンとは、設定された金額の範囲内で借入れ、返済ができるローン商品です。原則として保証人は不要で資金使途が自由な点からわかるように、利便性の高さが特徴です。

ここからは、クレジットカードのキャッシング機能と比較をしつつ、カードローンの具体的なメリットとデメリットを紹介します。

メリット

ここでは、消費者金融のカードローンのメリットとして、下記の3つを挙げます。

  • 金利が低い傾向にある
  • 借入限度額が高い傾向にある
  • 最短即日融資が可能なケースが多い

カードローンは、借入れに特化している点が特徴です。

事業性資金など一部の目的を除き、借りたお金の利用目的が限定されないため、住宅ローンなどの目的別ローンとは異なり、生活費や旅行代、冠婚葬祭の費用など、さまざまな目的で利用できます。

一般的に、カードローンの借入限度額はクレジットカードのキャッシングに比べて高額な傾向にあります。

借入限度額は、審査によって決まる申込者ごとに設定される融資可能額のことです。借入限度額が高い場合は、適用される金利が低くなることもあります。

具体的な金利や借入限度額などは金融機関により異なるため、事前に確認しましょう。

消費者金融のカードローンで提供されていることが多い無利息期間をうまく活用できれば、利息なしでの借入れも可能です。他にも期間限定のキャンペーンを実施している場合があるので、利用する場合にはチェックしておくとよいでしょう 。

また、最短即日融資が可能な商品が多いのも消費者金融カードローンのメリットです。その日のうちに対応できないキャッシングサービスもありますが、最短即日融資に対応したカードローンなら急な出費に対応しやすくなります。

デメリット

カードローンは利便性の高いローン商品ですが、返済が長期化しやすいというデメリットもあるので気をつけましょう。

カードローンを利用する場合、借りたお金は毎月少しずつ返していくのが一般的です。この点はクレジットカードのキャッシングを分割払いまたはリボ払いをする場合も同じですが、カードローンはまとまった金額を借りやすい分、返済が長引いてしまう恐れがあります。

返済が長期化した場合は支払う利息の総額も増えるため、経済的に負担を感じる場合もあります。返済の長期化を防ぐためにも、利用の際は事前に計画的な返済プランを立てておきましょう。

なお、総量規制により、借入れできる上限額は決まっているため個人の収入や借入れの状況などにより利用可能な金額は変動します。

クレジットカードのキャッシング機能を利用するメリット・デメリット

クレジットカードはもともと、買い物の代金を立て替えることを目的としたサービスであるため、買い物に便利なのが特徴です。

クレジットカードのキャッシング機能とは、カードを使ってお金を借りられるサービスのことで、キャッシング機能が付帯したクレジットカードがあれば、設定されたキャッシング枠の範囲内でATMなどからお金を引き出すことができます。

ここでは、クレジットカードのキャッシング機能のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

クレジットカードのキャッシング機能にはさまざまなメリットがありますが、なかでも代表的なのが次の2つです。

  • 海外でも借入れが可能
  • 引落日を忘れる心配が少ない

クレジットカードの種類にもよりますが、対応したATMが設置されていれば海外からでも借入れが可能です。現地通貨での借入れもできるため、両替の手間も省けます。

また、カードローンと同様に毎月同じ日に引き落としがされるので、「引落日を忘れてしまった」という事態を防ぎやすくなります。

クレジットカードのキャッシングをカードローンと比べると利用限度額が数十万円程度という低い傾向にありますが、キャッシングに特化したクレジットカードの場合、利用限度額が500万円など比較的高めに設定されたものもあります。

ただし、それぞれのホームページなどに記載されている申込み条件から確認できるのは、各サービスにおける利用限度額や上限~下限金利です。

実際に適用される利用限度額や金利は、個人の収入や他社借入状況を含む審査の結果により異なるため、事前に窓口や返済シミュレーションなどで利用の前に、借入金額の金利や返済にかかる期間などを確認しましょう。

デメリット

続いて、クレジットカードのキャッシング機能のデメリットを紹介します。

  • カードローンに比べてまとまった金額を借りにくい傾向にある
  • 使いすぎてしまう可能性がある

クレジットカードのキャッシングは、カードローンと比較するとお金を借りられる枠が少ない傾向があります。そのため、まとまった金額を借りたい方だと不便を感じることがあるかもしれません。

また、クレジットカードのキャッシング機能に限ったことではありませんが、枠の範囲内で自由に借入れ・返済ができるという利便性の高さから、使いすぎてしまう可能性もあります。

用途別におすすめの借入方法をご紹介

借入方法を紹介する様子

ここまでご紹介したように、キャッシングする方法としては主にカードローン、クレジットカードのキャッシング機能の2つがあります。しかし、どちらを使うべきか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ここからは用途別におすすめの借入方法をご紹介します。

「借入専用」ならカードローンがおすすめ

「お金を借りる」のがメインの目的の方には、カードローンがおすすめです。カードローンはお金を借りることに特化したサービスということもあり、お金の借りやすさに関してはクレジットカードよりも優れています。

例えば、一定の期間利息0円で借入れができる「無利息期間サービス」は、一部の 金融機関が提供しているカードローンならではのサービスです。無利息期間のサービスを上手に活用すれば、支払う利息を節約できます。

ただし、「初回契約時から〇日間」など、初回契約である条件が設けられていることが多いため、繰り返し無制限で無利息期間が利用できるわけではない点に注意しましょう。

最短で即日融資が可能な点もカードローンの魅力です。各サービス内容により異なりますが、なかでも消費者金融は当日に対応しているものが多い傾向にあります。

ただし、銀行系カードローンの手続きでは、反社会的勢力との関係遮断を目的として、警察庁のデータベースを使用した審査を行います。これにより消費者金融よりも審査に 時間がかかる傾向にあり、即日での融資が難しい場合もあるため注意しましょう。

「ショッピング目的」ならクレジットカードがおすすめ

一方、「ショッピング目的」の方にはクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードは、支払いなどのお金を立て替えられるショッピング機能がメインのサービスです。商品やサービスの代金をカード会社が立て替えてから後日その分を支払う仕組みになっており、手持ちの現金がなくても買い物やサービスの支払いが可能です。

また、キャッシング機能が付帯しているクレジットカードであれば、現金の借入れもできます。ただし、キャッシング機能はあくまで付帯するサービスなので、「お金を借りる」という面においては借入れに特化したカードローンのほうが利便性は高い傾向があります。

そのため、現金が必要というよりは、「支払いなどのお金を立て替えたい」という目的がメインの方に向いています。

お金を借りるときは「総量規制」に注意

クレジットカードのキャッシングとカードローンは、どちらも総量規制の対象なのでご注意ください。

総量規制とは「貸金業者は原則として利用者の年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはならない」という規制のことです。主に消費者金融やクレジットカード会社などが貸金業者に該当します。

クレジットカードのキャッシング、またはカードローンを 利用する場合、原則総量規制の範囲内でしか借入れできません。例えば年収が300万円の場合は、その3分の1である100万円が借入れできる上限金額です。借入れの際は借りる金額が年収の3分の1を超えないように意識し、無理のない範囲で借りるようにしましょう。

スマホでお手続きを完結させたいならdスマホローンがおすすめ

お借入れのお手続きをスムーズに済ませたい方は、dスマホローンをご検討ください(※1)。

dスマホローンでは、お申込みからご返済までスマートフォンで完結できます。お借入れの際にATMへ足を運ぶ必要はなく、スマートフォンさえあれば自宅や外出先などでもお手続き可能です。

ご利用いただける対象は、満20歳以上満68歳以下の方で、安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たす方となります。

また、ドコモの回線を契約していない方でも、dアカウントを保有していればお申込み可能です。

お借入利率(実質年率)は3.9%~17.9%、最大で300万円までお借入れが可能なので、まとまった金額が必要な方にもおすすめです。

また、d払いとの連携に対応しており、d払い残高へのご入金やd払い残高からのご返済も可能です(※2)。

さらに、ドコモ回線やdカードのご契約状況、「スマート家計簿 スマー簿」のご利用状況に応じて、お借入利率が最大3.0%引き下がる金利優遇を受けられるため、よりおトクに使用できます(※3)。

商品名 dスマホローン
ご契約額(ご利用限度額) 1万円以上300万円以内(1万円単位)
お借入利率 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)
基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)
※基準金利は審査結果に応じて異なります。
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)
ご返済期間・ご返済回数 最終借入後原則最長8年1ヶ月(96回)
ご返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式

※1 dスマホローンの商品概要はこちら
※2 d払い残高をご利用いただく場合は、d払いアプリのダウンロード、d払い残高の利用登録および本人確認が必要です。(「d払い残高種別が「現金バリュー」の場合のみご利用いただけます。)
※3 「スマート家計簿 スマー簿」でご連携可能な金融機関には制限があるため、dスマホローンの登録口座をご連携いただけない場合があります。
「スマート家計簿 スマー簿」ご利用に基づく優遇金利は2024年2月29日(木)で終了します。ただし、2024年1月25日(木)または26日(金) の通常判定基準日(最終回)に優遇金利条件が達成されていると判定されたお客さまにおいては、2024年3月以降も契約期間中は年率-0.5%の優遇金利を継続適用します。詳細はこちら

簡易シミュレーション

お借入可能?優遇金利は何%?簡単1秒診断

毎月のご返済額はいくらぐらい?ご返済シミュレーション

まとめ

キャッシングの意味を正しく把握しておけば、Webでお金を借りる方法を探すときや、カードローンに関する情報を収集するときに、より内容を理解しやすくなります。

キャッシングとカードローンを今まで混同していた方は、ぜひこの機会に正しい意味を覚えておきましょう。

また、カードローンやクレジットカードには数多くの種類があります。それぞれ特徴が異なるので、ご利用の際はより自分に合ったものを選びましょう。

dスマホローン新規お申込み

お申込みからご契約までWEBで完結!

※ お申込みにはdアカウントの発行およびログインが必要です

監修者の竹下 昌成
竹下 昌成

竹下FP事務所代表、㈱メディエス代表取締役、TAC専任講師。兵庫県西宮市在住。立教大学卒後、池田泉州銀行、日本GE、タマホームなどを経て現職。タマホームFPとして600件超のFP相談実績あり。サラリーマン投資家としてスタートした不動産賃貸業歴20年。大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務などをおこなう。

保有資格: 日本FP協会会員(CFP)、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、住宅ローンアドバイザー、スカラシップアドバイザー